News

『コロナウイルス病(COVID-19)と膵臓癌に関するよくある質問―コロナウィルスについての対策記事』

Coronavirus FAQ

米国パンキャン本部より:『コロナウイルス病(COVID-19)と膵臓癌に関するよくある質問―コロナウィルスについての対策記事』

著者 アリソン・ローゼンツヴァイク博士

2020年3月17日


日本編集者注:現在、欧米で猛威を振るうコロナウィルスについて、パンキャンの米国本部では、すい臓がんとコロナウィルスについての様々な記事をUPし、情報提供を行っています。
「FAQ〔よくある質問〕」と「介護者が留意すること」という記事についてご紹介いたします。アメリカでは、U.S.Centers for Disease Control (CDC:米国疾病対策センター)がコロナウィルスについての「ガイドライン」を発表していますので、そちらについての情報も下記に(日本語訳)ダイジェストにしてご案内いたします。

米国編集者注:コロナウイルス病(COVID-19)に関する最新の情報とガイドラインについては、米国疾病対策センター CDC)に掲載されていますので、そちらのガイダンスにしたがってください。情報は常に変化していますのでご注意ください。)

コロナウィルス病(COVID-19)については現在ほとんど分かっていません。したがって、健康に関連することはすべて、医師やケアチームと話し合う必要があります。以下に、一般的なアドバイスと提案を示します。
COVID-19と膵臓がんに関してパンキャンに寄せられた質問に関する、パンキャンの最高医療責任者(特任)のジョセフ・ハーマン医師とのやり取りです。

続きを読む...

膵臓がんの新しい治療薬 オラパリブに関する 5つのポイント

braca olaparib

膵臓がんの新しい治療薬 オラパリブに関する 5つのポイント

著者 ジェニファー・ケネディ—

2020年1月15日

 

米国食品医薬品局(FDA)は、膵臓がん患者のグループで使用する治療薬オラパリブ(リムパーザLynparza®)を承認しました。IV期の膵臓がんがあり、生殖細胞系BRCA(ブラカ)遺伝子に突然変異のある患者で、プラチナ製剤ベースの化学療法(例:フォルフィリノックス療法で使われるオキサリプラチン)による治療後に腫瘍が進行しなかった患者に対して投与されます。

このオラパリブ(リムパーザ)による治療は膵臓がん患者のBRCA(ブラカ)遺伝子変異が陽性のグループにのみ承認されていますが、腫瘍生物学に基づいて患者を治療することの重要性を強調するエキサイティングな医薬品です。

すべての膵臓がんは異なります。すべての膵臓がん患者もそうです。腫瘍の生物学、または遺伝子構造に基づいてゲノム治療を受ける患者は、より良い結果を得ることができます。米国のNCCN膵がん診療ガイドラインで推奨されたように、米国膵臓がんアクションネットワーク:パンキャン本部(Pancreatic Cancer Action Network:PanCAN)では、すべての膵臓がん患者に対して、1.遺伝的なことを調べる生殖細胞系遺伝子検査と、2.膵臓の腫瘍細胞を検査するがん遺伝子パネル検査/分子プロファイリングの両方の検査を受けることを強く推奨しています。

この度、米国で膵臓がんに承認された重要な新薬について、患者が知っておくべき5つのことを説明します。

続きを読む...

海外ニュース:膵臓がん治療のためのDNA突然変異の活用

Letswin DNA

海外ニュース:膵臓がん治療のためのDNA突然変異の活用

2020年2月26日

分子標的治療は、多くのがん患者の予後を改善しました。


特に興味深いのは、PARP阻害剤と呼ばれる分子標的治療で、ポリ(ADPリボース)ポリメラーゼまたはPARPと呼ばれるDNA修復酵素を停止します。このクラスの薬剤は、選択された乳癌および卵巣がん患者のグループ、および一部の膵臓がん患者の治療成績を変えました。しかし、薬はしばらくしか働きません。最終的に、癌はPARP阻害を克服し、制御されない細胞分裂のプロセスを再び開始する方法を見つけます。

ダナファーバーがん研究所(マサチューセッツ州ボストン)の研究者チームは、これらの患者に対してPARP阻害をより効果的にすることにより、膵臓がんをしのぐ方法を見つけようとしています。米国の膵臓がん集団(The Pancreatic Cancer Collective’s)による「新しい治療チャレンジ」助成金は、彼ら研究者を後押しています。

続きを読む...

AACR:標的困難ながん(KRAS遺伝子変異)に対する新薬

CancerToday KRAS

AACRニュース:標的困難ながん(KRAS遺伝子変異)に対する新薬

New Drugs for an Elusive Cancer Target

2020年1月23日

著者:アンナ・アズボリンスキー

膵臓がん患者の90%以上にはKRAS(ケーラス)遺伝子変異があることが知られている。しかし、いままではこのKRAS(ケーラス)遺伝子変異による癌細胞の増殖をおさえる薬をつくることは難しい(Undruggable)といわれてきた。しかし、KRASを対象とする治療薬の開発がいま急ピッチで進んでいる。

腫瘍内科医であり、肺がん専門家のロイ・ハースト先生が異常KRASタンパク質を標的とする治療薬に関して初期データについて次のように述べた。

多くのがんに見られる発がん性遺伝子のひとつに、KRAS変異というものがある。KRAS遺伝子とは、細胞増殖のシグナル伝達の核となっているものだ。しかし、このKRAS遺伝子変異の治療薬は創薬が困難とされてきた。だがこのほど、2種類のKRAS阻害薬がヒトの臨床試験により有効を示し、腫瘍が縮小したことが報告された。

 

続きを読む...

AACR: 親から受け継いだかもしれない(遺伝性)癌のリスクを子供に伝えますか

CancerToday201912

親から受け継いだかもしれない(遺伝性)癌のリスクを子供に伝えますか

Telling Your Children About Inheritable Cancer Risk  

2019年12月27日

著者:マルシ・A・ランズマン

癌のリスクを高める遺伝子突然変異を持っているかもしれない、と我が子に伝えることは簡単なことではありません。専門家はそれを知らせるのにひとつだけの決まったやり方はないと言います。

2009年エイミー・シャンマンさんが乳がん、卵巣がんの要因とされるBRCA1の遺伝子突然変異があると診断されたとき、子供たちは娘が8歳、息子は5歳でした。その後彼女は乳がん、卵巣がんを予防するため卵巣摘出術、両乳房切除手術を受け、そして乳房の再建をしました。そのとき子供には病院へちょっとチェックに行ってくるわ、というごく一般的な言い方をしたと話しています。

しかし彼女にはいつか子供たちとこの話題に向き合わねばならない日がくると分かっていました。

続きを読む...

AACRニュース:1人の患者の力

AACRpower of one

AACRニュース:1人の患者の力

 AACRの雑誌 CancerTODAYの記事ー「1の力」より

多数の人々よりもむしろ個人に焦点を合わせた臨床試験(治験)は、知識を前進させながら一部の患者を助けることができます。特にゲノム医療と希少がん患者にとっては、N-of-1試験は治療の選択肢を広げる有益なツールとなる可能性があります。

著者:スティーブン・オーンズ

ケント・ハファー氏は、腫瘍内科医が珍しいアイデアについて説明するために、彼に近づいてきたことを覚えています。それは2013年のことで、ミズーリ州セントピーターズに住む55歳のコンピュータープログラマーであるハファー氏は、そのとき8年間にわたって進行性黒色腫の治療を受けていました。彼の腫瘍内科医は、ハファー氏に臨床試験に参加するよう提案しましたが、この試験は何百人もの患者が参加するものではありませんでした。参加するのは1人の患者、ハファー氏だけでした。

続きを読む...

BRCA変異と膵臓がんに関する 5つのポイント

BRCA

BRCA変異と膵臓がんに関する 5つのポイント

著者:アリソン・ローゼンベルグPhD

2019年10月15日

膵臓癌のリスクと治療の選択肢に影響を与えるBRCAタンパク質の構造

BRCA遺伝子の変異は、膵臓がんの発症リスクを増加させ、さらに膵臓がん患者の治療の決定にも影響を与えます。

BRCA1およびBRCA2の変異は、乳がん、卵巣がん、および膵臓を含む他のがんの発症リスクを高めることをご存知ですか? 

BRCA遺伝子変異は女性だけの問題と一般には考えられていますが、実は男性と女性の両方に影響を与える可能性があります。BRCA変異に関する5つの重要な事実と、それらが膵臓がんの発症リスクにどのように影響し、治療の選択肢に影響するかを調べてみましょう。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story