Seminar

2018年 6月16日医療セミナー「諦めないがん治療〜腹水治療」

2018年 6月16日『医療セミナー「諦めないがん治療〜腹水治療」』

本イベントは、NPO法人パンキャンジャパンと認定NPO法人がんサポートコミュニティー両法人の賛助会員限定の医療セミナーです。

腹膜は、胃や肝臓といった腹部の臓器の全体もしくは一部を覆っている薄い半透明の膜で、ここにがん細胞が広がることにより、腹膜がある腹腔内に液体(水分)がたまることがあります。これが腹水です。腹膜播種の治療は抗がん剤が中心となりますが、治療法はまだ確立されておらず、先進医療による臨床研究が現在行われております(先進医療のコラムを参照ください)。また腹水のコントロールについても、腹水にタンパク質を含む栄養分を含む体液であるため、貯留するのか除去するかも思案する点になっています。今回は、腹水の治療を手掛ける専門の医師にご講演いただき、腹水コントロールの1つの案として、ご参考にしていただければと存じます。詳細は、下記をご参照ください。

続きを読む...

2018年6月10日(日)『 第30回日本肝胆膵外科学会学術集会・市民公開講座―膵臓がん・膵NET医療セミナー』(満員御礼)

Yokohama PacificoJHBPS2018

『2018年6月10日 第30回日本肝胆膵外科学会学術集会・市民公開講座―膵臓がん・膵NET医療セミナー開催』(満員御礼)


6月に開催のすい臓がん医療セミナーをご案内します。6月7~9日に横浜で開催される第30回日本肝胆膵外科学会学術集会の市民公開講座として、膵臓がん、膵内分泌腫瘍(PNET)についての最新療法についてのセミナーです。本イベントでは、年々前進をしている肝胆膵領域の治療について、日本肝胆膵外科学会の開催直後に治療の最前線をお伝えします。本イベントはお申込みが必要ですので、下記をご参照のうえ、お早めにお申込みください。

■『第30回 肝胆膵外科学会学術集会・市民 公開講座パープルリボンセミナー in 横浜2018~チームで支える膵臓がん・膵NETの診療~』
日時:2018年6月10日(日)開演13:30(開場13 :00)
場所:パシフィコ横浜 会議センター301
  (横浜市西区みなとみらい1丁目1−1)
アクセス:http://www.pacifico.co.jp/visit…/access/tabid/…/Default.aspx
定員 200名(参加無料) *満員となりましたため、お申込は締め切らせていただきました。

続きを読む...

2018年6月23日(土)「特別講演 がんのゲノム医療~がん患者ひとりひとりに合った治療法~」

特別講演 がんのゲノム医療~がん患者ひとりひとりに合った治療法~」

難治性がん啓発キャンペーン2018」のイベントとして、6月23日(土)かでる2.7において医療セミナー「特別講演 がんのゲノム医療~がん患者ひとりひとりに合った治療法~」を開催いたします。

 講師陣:

nakamura yusukeakita hirotoshihirano satoshi

   中村祐輔(シカゴ大学)秋田弘俊(北海道大学)   平野聡(北海道大学)

【第2部】  医療セミナー「特別講演 がんのゲノム医療~がん患者ひとりひとりに合った治療法~」
 日  時 : 2017年6月23日(土)12:00-15:30
 場  所 :かでる2.7 820研修室(定員:140名)

 お申込み :☞ お申込みはこちらから(*このイベントはお申込みが必要です。)

続きを読む...

2018年5月6日 『パンキャン福岡支部、すい臓がん・NETセミナー@福岡市健康づくりサポートセンター

Purple Ribbon Fukuoka Seminar

2018年5月6日 『パンキャン福岡支部、すい臓がん・NETセミナー@福岡市健康づくりサポートセンター


昨年設立したパンキャン福岡支部による「パープルリボンセミナー 福岡2018」が5月6日(日)13時より開催されます。本セミナーは、膵臓がん(難治性がん)と膵内分泌腫瘍(希少がん)について、日本でも臨床の第一人者である九州がんセンター 古川正幸先生、福岡山王病院 伊藤鉄英先生のお2人をお迎えして、時間をしっかりとって膵臓がん、膵内分泌腫瘍の現況、最前線治療についてじっくりご解説いただく特別セミナーです。参加無料。ぜひお近くの方はご参加ください。

続きを読む...

2018年3月24日(土)膵臓がん診断・治療シンポジウム(重粒子線治療、PRRT療法、近赤外光線免疫療法など)

第1回がん死ゼロ健康長寿社会  膵癌診断・治療シンポジウム

膵がんの診断、治療、重粒子線、近赤外線光線免疫療法、最新画像診断、PRRT療法、米国最新情報など

 

  特別講演ランチョンセミナー

 「近赤外光線免疫治療法」 小林久隆(米国立がん研究所)

 

日時:2018年3月24日(土)9:50~17:00(9時20分受付開始)

場所:アキバホール (東京都千代田区神田連堀町3 富士ソフトアキバプラザ5階)

参加費:無料 (ランチョンセミナーの希望者にはランチ提供あり。先着順)

参加申込:www.nirs.qst.go.jp/information/event/2018/03_24.html

申込締切日:3月16日(金)定員200名 定員になり次第受付終了

主催:国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

後援:日本核医学会、日本放射線腫瘍学会、NPO法人パンキャンジャパン

続きを読む...

2018年2月25日「PNET:切除不能神経内分泌腫瘍に対するPRRT療法」講演会・交流会

2018年2月25日「切除不能神経内分泌腫瘍に対するPRRT療法」講演会・交流会@損保会館

 

核医薬品 ルテセラ Lutathera(177Lu-Dotatate)について、横浜市立大学附属病院の小林規俊先生が診断から治療まで解説します。神経内分泌癌(NEC)の方向けの情報も含まれます。また、ルテセラがEMA承認に続き、今年1月にFDA承認されたことから、パンキャンジャパン理事長の眞島喜幸からラジオアイソトープ規制緩和に関する厚労省委員会、核医学診療推進国民会議、CAPTEM、ルテセラなどにかかわる最新情報を提供します。

続きを読む...

2018年3月18・19日 日米がん研究ワークショップ(膵臓がん早期発見)

AMED logo

NCI logo

Japan-US Workshop for Cancer Research がん研究のための日米ワークショップ
~Biomarker Discovery for Early Cancer Detection~ 早期がん検出のためのバイオマーカー発見
at National Cancer Center Japan

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)と 米国国立がん研究所(NCI)の共催で開催する 日米合同がん研究のためのワークショップ。膵臓がんのゲノム医療に関連するトピックの講演があります。膵臓がんに必要なのは、早期発見につながる血液検査、微小がんでも検出できる画像診断技術、進行がんでも治癒につながる治療法などです。初日には、国立がん研究センターの本田先生による膵臓がんの血液検査についての講演があります。また、パンキャン本部が進めるゲノム医療で使われるリキッドバイオプシー(血液からがん細胞、がん遺伝子を採取してゲノム解析をする技術)は、2日目にジョンズホプキンス大学のジョッシュ・コーヘン先生の講演が予定されています。講演は英語のみとなりますが、膵臓がんの最先端情報を研究者から直接聞くことのできる大変貴重なワークショップとなります。奮ってご参加ください。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story