サバイバーストーリー:ヨランダ・ジャクソン

Surivor Story Yolanda Jackson

2018年2月19日

 

約束を守ったお陰で早期診断

 

2018年6月に私は膵臓がんの10年サバイバーになります。なぜなら、私は医者との約束を守ったからです。

 

2008年5月、私は海外旅行を計画していました。当時、私は数年前から治療を受けていた潰瘍の症状を抱えていました。私は旅行にでている間に病気になりたくないので、私は旅行にでる前に消化器内科医に会いました。私の検査結果はすべて良好とでてきましたが、私は腸の問題の病歴があったので、私は旅行から戻ったときにCT検査を受けることを先生に約束しました。私が旅行から戻って3ヶ月後、家のことは最終的に落ち着いてきました。私は医者と約束したことを思い出し、CT検査を予定しました。それが私の膵臓尾部に腫瘍が発見されるきっかけとなりました。医者との約束を守ることで、命が救われましたのです!

 

続きを読む...

サバイバーストーリー:スコット・ハーシー

surivor story Scott Hirshey

 

FOLFIRINOXと放射線療法

2017年9月8日

 

私は2012年の8月に膵がんと診断されました。私の妻は、私の目が黄色いこと(黄疸)に気が付きました。私自身も尿が非常に暗らい色になってきたことに気づいていましたので、何かおかしい思い、すぐに医者に行きました。

続きを読む...

サバイバーストーリー:レオノラ・カウフマン(Stage1)

 私の直感

 survivor story Leonora Kaufmann

2018年1月19日

 

私は、症状もなく、また危険因子もありませんでしたが、同僚が膵がんで亡くなった後、非常に心配になりました。膵がんと診断される2年前の2011年に、私は私の主治医に「私はきっと膵がんを発症する」と伝えていました。何故だかわかりませんが、私は直感的に自分が膵がんになるという非常に強い確信を持っていました。私はそれが私の人生を助けることになったのかはわかりませんが、確かに私の生存期間は長くなりました。

続きを読む...

サバイバーストーリー:アクシェイ・メータ(Stage3)

サバイバーストーリー:アクシェイ・メータ(Stage3)

患者に治療の選択肢を与える希少なALK遺伝子変異の発見

 Survivor Story Mehta

 

2017年12月6日

 

「最初の膵臓がんの症状が発生したとき、手術を行っている最中だった。」とロサンゼルスで整形外科医をしているMehta氏は語る。「私が手術をしている最中に突然失神発作が起きました。私は血糖値が低いのだろう、多分、仕事がきつくて過労ぎみであったのか、家で幼い赤ちゃんのお世話もしていたために疲れているのだろうと思っていました。」とそのときのこと説明する。Mehta氏はすぐに血液検査を受け、重度の貧血であることが判明した。彼は病院に入院し、精密検査を受けたところ、膵頭部に腫瘍があることが明らかになった。2016年4月初旬のことである。「私はショックを受けました。私の家族には膵臓がんの家族歴はなかったし、または他のがんになった家族もいませんでした。それに、私はまだ35歳でした」とMehta氏は語る。

 

続きを読む...

サバイバーストーリー:ボブ・ターク(Stage3)

 BobTirk Survivor

サバイバーストーリー:ボブターク(Stage3)

大学病院専門医チームにより初めて膵がんと診断され集学的治療をうける

ボブ・ターク

2017年5月17日

 

2015年8月に膵がんと診断されましたが、その数ヶ月前から痛みを感じていました。地元の医師に行き、血液検査、CTスキャン、食道胃十二指腸鏡検査(EGD)、および大腸内視鏡検査をうけましたが、何も見つけることができませんでした。最後の検査が終わった後、その医師は私に大都市の大学病院を受診するよう勧めてくれました。

続きを読む...

サバイバーストーリー:アンドレア・プレシッチ(Stage 3)

BRACA1 2

サバイバーストーリー:アンドレア・プレシッチ(Stage 3)

家族歴を理解することは、治療の選択肢に幅をもたらす

エリザベスプレシッチ医師    
2016年5月18日

 

私はエリザベス・プレシッチと言います。医師です。これは私の母、アンドレア・プレシッチのストーリーです。母はいま67歳ですが、2015年11月に腹痛、背中の痛み、食後の吐き気、膨満感を経験し始めました。私は母をセントルイス市にあるバーンズユダヤ人病院(ワシントン大学)に連れて行きました。そこで検査の結果、ステージIIIの切除不能な膵臓がんと診断されました。母は15年前に乳がんと診断され、化学療法、ホルモン療法、乳房切除術および放射線療法の治療を受けていました。治療は成功し、幸い再発もありませんでした。

続きを読む...

サバイバーストーリー:ジル・ペチャセック(Stage4)

Jill Survivor story

子供が成長するのを見守るために戦う
~新しい分子標的薬PARP阻害剤~

 2017年6月12日

 

「三人の子ども達と一緒にいられる場所が私にとっては一番」。この言葉は、3人の子供を持つ献身的なシングルペアレントであるジル・ペチャセック医師に生きる動機を与えるものです。ジルさんはコロラドに拠点を置く家庭医でウェルネスの専門家でもあります。彼女はまた、卵巣がんサバイバーであり、現在は膵臓がん患者です。彼女は膵臓がんに負けないため勇敢に戦うことにしています。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

すい臓がんについて知る