Events

10月10日(土)13時半~ 10月度膵がん教室「膵臓がんの内科治療について」セミナー+講師を囲んで交流会

20201010 Tsuji sensei

10月10日(土)10月度膵がん教室「膵臓がんの内科治療について」セミナー+講師の先生方を囲んで交流会

膵臓がんの化学療法は、プレシジョンメディシン(精密医療)の到来とともに、がん細胞の遺伝子検査をもとにして使うお薬が増えてきました。来年はさらにその数が増えることが予想されています。パンキャンジャパン北海道支部では、患者とそのご家族が知らないと損する、新しい治療薬について、腫瘍内科医の辻先生からお話を伺います。

この機会に最新の化学療法について、勉強しましょう。参加費は無料です。ご自分の抗がん剤治療でわからないことがありましたら、ご質問いただける時間も設けております。講演の後に開催されます交流会では、腫瘍内科医の辻先生、中村先生との質疑応答の時間を設けております。この交流会は小人数制ですので、お早目にお申込みください。

日 時: 2020年10月10日(土)13:30~15:30
場 所: オンライン 講演(YoutubeLIVE)、交流会(ZOOM)
参加費: 無 料

■お申し込みはこちらから↓
https://bit.ly/34sVJMT
FAXの場合:011-891-4350

続きを読む...

『[報告]3/2 神奈川支部「第一回膵臓がん・胆道がん教室」を開催しました』

Tokaidai seminar 20190302

2019年3月2日『[報告]神奈川支部:「第一回膵臓がん・胆道がん教室」を開催しました』

■第1回膵臓がん・胆道がん教室の概要
 我が国の膵臓(すいぞう)がんの年間死亡者数は約40,000人に達したと言われており、人口の高齢化を受け、さらに増加傾向にあります。一方、胆道がんにおいても年間約20,000人以上罹患する決して珍しいがんではないのですが、他のがん種と比較しても治療法の開発やお薬の選択肢は決して多く無い状況があります。
 そのような背景から、膵臓がんの危険因子(喫煙歴、糖尿病、慢性膵炎、家族歴など)の理解を深めること、リスクの高い人々の検査を通して、早期発見・早期治療につなげていくことは難治性がんの筆頭である膵臓がんにおいては特に重要な意味をもちます。胆道がんに関しても同様の事が言えます。
 医療関係者、患者会、企業、行政など、ステークホルダーの協力をもとに始められた、膵臓がんの教育啓発活動「パープルリボン活動」、年々参加者が増えつつあるこのがん啓発活動が全国に広がるなか、神奈川県内においてもがん対策、啓発活動を推進しております。
 県西地域の中核病院である東海大学医学部付属病院がある東海大学伊勢原キャンパスを会場とし、東海大学医学部 中郡 聡夫教授を座長に本教室を開講し、膵がん・胆道がんの診断・化学療法について、消化器内科 小川 真実先生、外科手術について、消化器外科 中郡 聡夫先生、栄養治療について、東海大学医学部付属病院栄養科 岩崎 奨先生にご講演をいただきました。基調講演の後に、皆様からいただいた質問に答えるパネルディスカッションの時間も設け、パネルディスカッションの進行には、パネラーとして東海大学医学部消化器外科 准教授 矢澤 直樹先生、NPO法人パンキャンジャパン 執行役員 古谷 佐和子氏にて、パネリストの先生及びNPO法人パンキャンジャパン神奈川支部支部長 白岩 剛氏と共に、皆様から頂きました質問に丁寧にお答えし、膵がん・胆道がんへの理解を深め、正しい情報を共有する教室となりました。

■開催概要
1、 主催  東海大学、NPO法人パンキャンジャパン神奈川支部
2、 日時  2019年3月2日(土) 開演  14:00~
3、 会場  東海大学伊勢原キャンパス 松前記念講堂(神奈川県伊勢原市)
4、 参加料 無料
5、 対象者 患者・家族・遺族、医療福祉関係者、一般参加者など
6、 参加者 51名(事前申し込み、当日参加者含む、スタッフボランティア6名)

■プログラム

14:00-
開会挨拶 開会挨拶
東海大学 医学部 消化器外科 教授  中郡 聡夫
-14:10
特別講演 パープルリボン活動について
NPO法人パンキャンジャパン・パンキャンプレス 執行役員  古谷 佐和子
14:10-14:35
基調講演(1) 膵がんの診断と化学療法
講師:東海大学 医学部 消化器内科 講師  小川 真実
14:35-15:05
基調講演(2) 膵がん外科治療
講師:東海大学 医学部 消化器外科 教授  中郡 聡夫
15:05-15:30
基調講演(3) 膵がん・胆道がんの栄養治療
講師:東海大学医学部付属病院 栄養科  岩崎 奬
休憩(15分間) *質問用紙を回収させていただきます
15:45-16:30
パネルディスカッション 参加者から寄せられた質問に答えるQ&A
<モデレーター> 
・東海大学 医学部 消化器外科 准教授  矢澤 直樹
・NPO法人パンキャンジャパン・パンキャンプレス 執行役員  古谷 佐和子
<パネリスト>
・講演者
・NPO法人パンキャンジャパン神奈川アフィリエイト 支部長 白岩 剛
16:30-
クロージング 閉会挨拶
NPO法人パンキャンジャパン神奈川アフィリエイト 支部長 白岩 剛

総合司会: 東海大学 医学部 消化器外科 准教授 矢澤 直樹

※ステージ上でサバイバーフォトセッションを行いました。

 

TokaiUStudySession2 KanagawaAffiliate

『[報告] 4/6 追悼と希望を創るイベント「パープルライトin広島」を開催しました』

[報告]2019年4月6日(土)広島支部:追悼と希望を創るイベント「パープルライト in 広島2019」を開催しました。


すい臓がんのご遺族と、今病気と闘う方のためのイベント「パープルライト」は、ご遺族の強い要望により、パンキャン アメリカ本部で始まりました。愛する故人を悼み、家族や大切な方を旅立たせた人々の思いを寄せあうイベントとして、すい臓がんコミュニティーで大変支持されているイベントです。ご遺族だけでなく、膵臓がんの罹患リスクのある方、家族性膵臓がんの疑いのあるご家族にも、尾道市で早期発見に繋げている専門医からのメッセージを提供し、大きな力と希望を与えるイベントです。

日本では、2015年に静岡で初めて開催され、今回4年ぶりに広島で開催されました。心やすらぐ音楽が流れる中、紫のライトを灯し、愛する人を偲びました。患者さん、ご家族、 すい臓がんと闘う 広島の膵臓がんの専門医が参加するなかで開催されました。会場は、名勝名高い 宮島 大聖院で、本イベントの趣旨に賛同くださった大聖院から特別の許可を得て開催されました。イベント責任者は、パンキャン広島支部の 中川圭支部長です。


〇追悼と希望を創るイベント「パープルライト in 広島2019」
・日時 2019年4月6日(土) 15:00~
・会場 大本山 大聖院(広島県廿日市市宮島町滝町210)
・協力 宮島弥山 大本山 大聖院
・協力 FMちゅーピー、NPO法人ひろしま女性NPOセンター未来、
    Teenがん対策ひろしま協賛企業:住友生命保険相互会社、株式会社大乃木ダイモ、中吉エンジニアリング株式会社、有限会社八千代運輸倉庫

purple light in hiroshima 2019

purplelightinHiroshima2019poster

 

『[報告] 8/4 「第50回日本膵臓学会大会・市民公開講座」を開催しました』

『[報告] 8/4 「第50回日本膵臓学会大会・市民公開講座」を開催しました』

公益財団法人テルモ生命科学芸術財団「2018年度医療・健康向上貢献助成事業」
パープルリボンセミナーin東京2019

パンキャンジャパン本部は、テルモ生命科学芸術財団「2018年度医療・健康向上貢献助成」ならびに多数のスポンサーのご支援を受け、すい臓がん患者の治療成績向上をめざした「第50回日本膵臓学会大会・市民公開講座」を東京都千代田区にて開催しました。第50回日本膵臓学会大会との共催で、日比谷公園図書館講堂にて開催されたセミナーは満員御礼で、暑い夏日のなか、ご参集いただきました皆様に感謝申しあげます。

続きを読む...

2020年6月21日開催―ゲノム医療を学ぶWEBセミナー

『10周年を迎えました! 6月21日開催―ゲノム医療を学ぶWEBセミナー』


今年10回目を迎える、札幌で開催の「難治性がん啓発キャンぺーン」。今年はコロナパンデミックの影響から、すい臓がんと肺がんのセミナーをWEBセミナー形式で6月21日(日)に放送いたします。全国で視聴いただけますがお申込みが必要です。このセミナーは、難治性がんである すい臓がん、肺がんの死亡率全国1位である北海道において、毎年開催されている難治性がん啓発キャンペーンの一環です。

今回は「がんゲノム医療を知ろう・学ぼう~肺がん・すい臓がん治療のこれまでの10年これからの展望~」と題して、肺がんを中心に激変するがんゲノム医療について、ご紹介します。すい臓がんの領域では、ゲノム医療はアメリカが先行していますが、日本でも昨年からがん遺伝子パネル検査が保険償還され、ゲノム医療が受けやすくなりました。

ゲノム医療は、肺がん患者にはもう普通になっていますが、膵がんの世界ではまだまだと思っている人が多いのが現状です。実際にゲノム医療を受けている膵がん患者さんは、ステージ4でも生存率が改善され、2年以上長生きしていると報告されています。膵がんの新常識はゲノム医療です。ゲノム医療について知らないと損します。難治がんのなかでは一番進んでいる肺がんのゲノム医療を学んで、ご自分の治療に役立てましょう。 

詳細は以下をご参照ください。

お申込み方法:こちらのURLから https://forms.gle/QZSaZLbTNPGHAorQ6

HokkaidoQR0621

続きを読む...

【開催中止】東海大学「第2回膵臓がん・胆道がん教室」

TokaiUStudySession2 KanagawaAffiliate

【開催延期・予定日未定】2020年2月29日 東海大学「第2回膵臓がん・胆道がん教室」は、新型コロナウィルスの流行の拡がりも鑑みて、延期とさせていただきます。開催予定日は未定でございます。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東海大学様とパンキャンジャパン神奈川支部主催の「第2回膵臓がん・胆道がん教室」を、2月29日(土)東海大学伊勢原キャンパス 松前記念講堂にて開催いたします。タイトルは「膵臓がん・胆道がん治療の最前線」。東海大学教授の中郡 聡夫先生をはじめ4名の先生による「膵臓がん・胆道がん治療の最前線」をおおくりいたします。また第2部はパネルディスカッションで、パンキャンジャパン 眞島理事長のモデレータにより、参加者からのご質問を先生方にお答えいただきます。パンキャンジャパン 白岩剛・神奈川支部長より閉会挨拶を行います。参加費 無料。ご興味のある方は以下をご参照ください。

続きを読む...

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider