■ 膵臓がんとパンキャンジャパンが報道されました

『[報道] 週刊現代 3/2128号 医療大特集 

ただの風邪かと思ったら  [1] 微熱が続くと思ったら「膵臓がん」 

 

NAD Press2 1週刊現代 3/2128号では、興味深い観点から医療大特集を組んでいます。大きな症状のないまま、驚くような病気になる、ということも体験者からお聞きすることが多いですが、「ささいで見落としがちな兆候」から、大病になる場合もあることを体験談から抽出し、どんな点に注意すればよいかを説く、めずらしい観点からの特集になっています。

膵臓がんは発見時にすでに進行している場合が多く、外科手術ができる方が20%前後です。できるだけ早く発見するために、どんな点がポイントとなるか。特集では「微熱」を膵臓がんの特徴として挙げています。膵臓がんの体験談として、患者の家族と、自身も膵臓がんで全摘の経験のある、パンキャンジャパン 眞島理事長が、紙面で解説させていただいております。

ここが見どころ!

膵臓がんだけでなく、その他の兆候として、「止まらない咳」から間質性肺炎(かんしつせいはいえん)、「のどのイガイガ・声の出にくさ」から大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)など、大きな病気についても解説していますので、ご自身だけでなく、日常の知識としても役立ちそうです。

 

 

 

参考記事

■週刊現代HP

  https://gendai.ismedia.jp/list/author/wgendai

■この記事は、パンキャンのfacebookでも、詳細が紹介されています。

 パンキャン 公式facebook

 『[報道] 週刊現代最新号に、パンキャンジャパンが報道されました

 http://urx3.nu/UA5x

■眞島理事長のインタビュー動画 「患者会からのメッセージ」

  http://urx3.nu/bA0W

 *上から2つめの動画をご参照ください。

   膵臓の手術をするときの判断と決意、術後の食事と体力による努力とコントロール等が語られています。

ご興味のある方は、ぜひご参照ください。

 

◆その他関連画像

NAD Press2 2NAD Press2 1

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story