『[発表] 2019年度 パンキャン賞、受賞者決定』

2019年7月3日


2012年から、日本の膵臓(すいぞう)がん領域において顕著な研究をされた研究者に贈るパンキャン賞の2019年の受賞者が決定いたしました。がんの中でも特殊な形態である膵臓がんは、長く難治性のがんであり続けていますが、こうした研究や研究者・医療者の努力により、現在大きな前進をしています。受賞研究の発表 および 表彰式は、第50回日本膵臓学会大会(2019年7月12日)にて行われる予定です。今年は、米国パンキャン本部より、ChiefScienceOfficerであるLynn M Matrisiane先生が参加されての式典となります。

受賞者および研究については下記のとおりです。

 

■パンキャン賞 PanCan Award 受賞者(敬称略)

●Basic Research Award(基礎研究賞)
工藤 篤 
東京医科歯科大学 大学院 肝胆膵外科学分野
研究 「膵神経内分泌腫瘍の予後を決定するバイオマーカーの同定」
研究者URL http://www.tmd.ac.jp/grad/msrg/staff/

●Clinical Research Award(臨床研究賞)
大木 克久
静岡県立静岡がんセンター 肝胆膵外科
研究 「膵頭部癌切除例におけるGeriatric Nutritional Risk Index (GNRI)と生存転帰との関連」
研究者URL https://www.scchr.jp/division/liver_surgery/about.html

●Young Investigator Awards(若手研究者賞)
・1位
小川 智
京都大学大学院 医学研究科 消化器内科学講座
研究 「膵特異的Setdb1欠損マウスではp53依存性アポトーシスにより膵発癌が抑制される」
研究者URL https://research-er.jp/researchers/view/791293

・2位
上野 真行
倉敷中央病院 消化器内科
研究 「サルコペニアが膵癌化学療法患者のQOLに与える影響と早期リハビリ介入の有効性」
研究者URL https://www.kchnet.or.jp/ka23/sr_interview1.html

・3位
岡田 哲弘
旭川医科大学 内科学講座
研究 「血漿遊離核酸を用いた膵腫瘍診断」
研究者URLが見当たらないため、旭川医科大学HP
https://amc1nai.net/

 

以上、2019年度の受賞者の皆様、おめでとうございます!

 

PanCAN Awards Trophy small

■参考HP
●これまでのパンキャン賞の受賞者
https://www.pancan.jp/index.php…

●パンキャン賞の様子
http://www.pancan.jp/index.php…

 

2017年度のパンキャン賞受賞者一同

 

#パンキャン賞 #PanCAN #工藤篤 #東京医科歯科大学 #膵神経内分泌腫瘍 #バイオマーカー #大木克久 #静岡県立静岡がんセンター #GNRI #小川智 #京都大学大学院 #アポトーシス #上野真行 #倉敷中央病院 #サルコペニア #岡田哲弘 #旭川医大 #血漿遊離核酸 #膵腫瘍診断 #PanCanAward
写真の説明はありません。
特定非営利活動法人パン