FDA logo2

FDAは、神経栄養受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子を伴う固形腫瘍に対するラロトレクチニブを早期承認

2018年11月26日

米国食品医薬品局(FDA)は、神経栄養受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子を有する成人および小児の固形癌患者に対して、ラロトレクチニブ(larotrectinib)(商品名ビトラクビ VITRAKVI、Loxo Oncology Inc.およびBayer)を早期承認しました。それはNTRK融合遺伝子に耐性のある遺伝子変異を獲得してない、転移性であるか、または外科的切除が重度の合併症をもたらす可能性があり、そして満足のいく他の治療法がないか、または治療後に癌が進行している患者を対象としています。

これは、癌のある部位にとらわれない組織横断型のFDA承認として、ペンブロリズマブに続いて2番目となります。

この承認は、LOXO-TRK-14001(NCT02122913)、SCOUT(NCT02637687)、およびNAVIGATE(NCT02576431)の3件の多施設共同非盲検シングルアーム臨床試験のデータに基づいています。 NTSK融合遺伝子陽性であるかの同定は、次世代シーケンシング(NGS)または蛍光インサイチュハイブリダイゼーション(FISH)を用いて地元の研究室で前向きに決定されました。 NTRK融合遺伝子は、FISHによって研究されたETV6転座を有する小児線維肉腫を有する3人の小児患者において推測されました。主な有効性の尺度は、RECIST 1.1に従って盲検化され、独立した判定委員会によって決定される全奏効率(ORR)および奏効期間でした。

3つの試験にまたがって登録された神経栄養受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子を有する切除不能または転移性固形腫瘍を有する最初の55人の患者において有効性が評価されました。新薬が利用可能なすべての患者は、進行癌であること、または局所進行性疾患に関しては手術を必要としたことの証明が必要とされました。 12人の患者は18歳未満でした。全部で12の癌種が示され、最も一般的なものは唾液腺腫瘍(22%)、軟部組織肉腫(20%)、乳児性線維肉腫(13%)、および甲状腺癌(9%)でした。

全奏効率(ORR)は75%(95%CI:61%、85%)で、そのうち22%が完全寛解、53%が部分寛解でした。データベースのロック時には、中央の奏功持続期間は未達でしたが、奏効期間は、73%が6ヵ月以上、63%が9ヵ月以上、39%が12ヵ月以上でした。

larotrectinib waterfall small

 

 

ラロトレクチニブの安全性は、44人の小児患者を含む3つの臨床試験にわたって登録された176人の患者で評価されました。ラロトレクチニブによる最も一般的な副作用(約20%)は、疲労感、吐き気、めまい、嘔吐、ASTの上昇、咳、ALTの上昇、便秘、および下痢でした。

推奨されるラロトレクチニブ用量は、成人では1日2回経口投与で100 mg、小児患者では1日2回経口投与で100 mg / m 2です(最大投与量100 mg)。

この適応は早期承認の下で承認されており、この適応に対する継続的な承認は確認試験における臨床的有益性の検証および説明によって左右される場合があります。 FDAは、この承認申請に対する優先審査(Priority Review)、画期的な治療法の指定(breakthrough therapy designation)、および希少疾病用医薬品(orphan drug designation)の指定を承認しました。 FDA促進プログラムの説明は、『産業界向けガイダンス:深刻な疾病に対する促進プログラム - 医薬品および生物製剤(the Guidance for Industry: Expedited Programs for Serious Conditions-Drugs and Biologics.)』にあります。
   
Source: FDA Approved Drugs
https://www.fda.gov/Drugs/InformationOnDrugs/ApprovedDrugs/ucm626720.htm

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story