fda building

FDAは、特定の種類の癌ではなく、臓器横断的に癌の主要なドライバー遺伝子を標的とする治療薬を承認

FDA approves an oncology drug that targets a key genetic driver of cancer, rather than a specific type of tumor

新薬ビトラクブ(Vitrakvi)は癌を促進する特異的受容体キナーゼを標的としている

2018年11月26日

米国食品医薬品局(FDA)は本日、癌が特定の遺伝的特徴(バイオマーカー)を有する成人および小児患者の治療法であるビトラクブ(Vitrakvi??)(一般名ラロトレチニブ)の早期承認を認めました。FDAが、腫瘍が発生した体内の部位ではなく、臓器横断的にさまざまな種類の腫瘍にまたがる共通のバイオマーカーに基づく癌治療を承認したのは今回が2回目です。この承認は、「組織にとらわれない」がん治療薬の開発における新しいパラダイムを示しています。これは、FDAが今年初めに発表したガイダンス文書で開発した方針に従います。

ラロトレチニブ(Vitrakvi)は、既知の後天的耐性変異のない神経栄養受容体チロシンキナーゼ(NTRK)融合遺伝子を有する患者を対象としています。転移性であるか、または外科的切除が重度の合併症をもたらし、成人および小児患者の治療に適応される他の治療が満足のいくものではなく、または治療後に進行した場合に適応されます。

FDAのスコット・ゴットリーブ委員長は、次のように述べています。「この今日の承認は、体内の原発部位ではなく、腫瘍の遺伝学に基づいて癌を治療することへの重要な移行における新たな一歩を示しています。乳がんや大腸がんなど特定の臓器に発生するがんを対象としない、部位にとらわれない新しいがんの治療薬が承認されたのは、医薬品開発やよりターゲットを絞った医療の提供を目的としたバイオマーカーの使用の進歩を反映しています。異なる種類の腫瘍を有するが一般的な遺伝子変異を有する患者を登録したこの種の薬物開発プログラムは、我々がそのような癌変異についてはあまり知らなかったので、10年前には不可能だっただろう。指定および迅速化された承認プロセス、私たちはプレシジョン癌治療薬開発における革新と癌患者に対するより的を絞った効果的な治療法の進化をサポートします。小児がんに関しては特にそうです。癌のような疾患の根底にある生物学に対する理解を深めることに基づいて、疾患の種類を超えてよりターゲットを絞ったイノベーションをサポートする、より現代的な臨床試験デザインの枠組みを前進させ続けることを約束します。」

研究により、TRKタンパク質をコードするNTRK遺伝子が他の遺伝子と異常に融合し、その結果、腫瘍の増殖を支持する増殖シグナルが生じることが示されています。 NTRK融合はまれですが、体の多くの部位で発生するがんで発生します。本日の承認前は、乳腺類似体分泌癌、細胞性または混合性先天性中胚葉性腎腫、乳児型線維肉腫のように、この変異を頻繁に発現する癌に対する治療法はありませんでした。

ラロトレチニブの有効性は、耐性突然変異を伴わずに同定されたNTRK融合遺伝子を有し、転移性であるか、または外科的切除が重度の合併症をもたらす可能性がある固形腫瘍の55人の小児および成人患者を含む3つの臨床試験で研究されました。これらの患者は満足のいく他の治療を受けていないか、または治療後に進行した癌を患っていました。

ラロトレチニブは、さまざまな種類の固形腫瘍で75%の奏効率を示しました。これらの反応は耐久性があり、奏功期間の73%が6ヶ月以上、39%が1年以上継続していました。ラロトレチニブに反応したNTRK融合遺伝子を有する腫瘍型の例には、軟部肉腫、唾液腺癌、乳児線維肉腫、甲状腺癌、肺癌および膵癌が含まれています。

ラロトレチニブ(Vitrakvi)は早期承認を受け、FDAは、患者への臨床的利益を予測すると考えられている臨床試験データを使用して、満たされていない医学的ニーズを満たすために重篤な状態の薬を承認することができます。 ラロトレチニブ(Vitrakvi)の臨床上の利点を確認するにはさらなる臨床試験が必要であり、スポンサーはこれらの試験を実施しているかまたは実施する予定です。

臨床試験でラロトレチニブ(Vitrakvi)を投与されている患者が報告している一般的な副作用には、疲労、吐き気、咳、便秘、下痢、めまい、嘔吐、肝臓内のASTおよびALT酵素血中濃度の上昇が含まれます。医療提供者は、治療の最初の月には2週間ごとに、その後は月に1回、そして臨床的に示されているように、患者のALTおよびAST肝臓検査をモニターすることをお勧めします。妊娠中または授乳中の女性は、発達中の胎児または新生児に害を及ぼす可能性があるため、ラロトレチニブ(Vitrakvi)を服用してはいけません。患者はめまいなどの神経反応の兆候がでたら医師に報告する必要があります。

Source: FDA news (FDA approves an oncology drug that targets a key genetic driver of cancer, rather than a specific type of tumor)

 

 

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story