国内ニュース:膵臓がんのオリゴ転移型と広範囲転移型

オリゴ転移型の特徴は、転移が単発あるいは少数個であることから、転移がみられるために外科切除不可とされた患者でも、外科療法、放射線療法、ラジオ波焼灼療法、凍結療法、不可逆電気穿刺療法などの局所治療が生存期間延長に功を奏する可能性があることが示唆されています。乳がん、肺がん、大腸がんなど他のがんでもオリゴ転移型があることが知られています。今回の発表でわかったのは、膵臓がんにも「オリゴ転移型」の患者さんが約30%程度は存在する可能性があるとのことでした。   単発あるいは少数個の転移がみられる「オリゴ転移型」のゲノムの特徴について、2012年に発表された「膵がんにおける分子遺伝学的背景の臨床的意義とそれに基づく長期生存可能な膵がん患者の特定に関する研究」において、谷内田氏は次のように説明しています。(Clin Cancer Res 2012;18:6339-6347) 

  • 膵がんに異常を示すドライバー遺伝子は4つあること(KRAS, CDKN2A, TP53, SMAD4)。
  • 一番予後に単独で強く相関するのはSMAD4であること。 ドライバー遺伝子のうち異常がみられる数は、患者のアウトカムと相関すること。
  • 共存する遺伝子変異が多いほど、転移をきたしやすく、予後が悪くなること。
  • ドライバー遺伝子の異常が1つまたは2つしかみられないサブセット(患者群)は、長期生存者の早期発見のための重要な知見となりえること、そして比較的緩慢な進展形式(オリゴ転移型)を識別すること。  

 

転移数      タイプ                                  症例数(%)     

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

0–10      Oligometastatic Type (オリゴ転移型)                            22症例 (28%)  

11–100    Moderate Type (中程度転移型)                                     27症例 (34%)  

>100     Widely metastatic Type (広範囲転移型)                         29症例 (37%)    

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

 

上記はアメリカ人を対象にした研究ですが、谷内田氏は日本人の膵がん患者を対象に同様の解析を行い、類似した結果をその後に報告しています(Ann Surg 2013;258:336-346)。

今後、EUS-FNAあるいはリキッドバイオプシーによるがん細胞の生検が行われ、ドライバー遺伝子の解析が進むことで治療戦略がさらに層別化される可能性がでてきました。

今後の研究に期待したいと思います。  

 

(報告:眞島)

Share this post

Submit to FacebookSubmit to Google BookmarksSubmit to Twitter

特定非営利活動法人パンキャンジャパン | 住所: 東京都千代田区富士見1-12-1 〒102-0071
Phone: 03-3221-1421 | Fax: 03-3221-1422 | 連絡先

サイトマップ