「膵がん教室」は、国立がんセンター中央病院において、入院患者・ご家族と外来通院の患者・ご家族を対象にして、毎週開催されています。膵がん教室は、「レクチャー 30分」と「質疑応答 30分」 で構成されています。前半の「レクチャー」では、がん患者の方々が質問や疑問をもちやすい「抗がん剤治療」「緩和ケア」「心のケア」「食事と栄養」など、 毎週異なるテーマを扱います。後半の「質疑応答」では、各回の講師・スタッフが、参加者の患者・ご家族の方々の質問に答える形式になっています。教室は、 肝胆膵(かんたんすい)の医師や、腫瘍精神科医、看護師、栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーなどの専門家によりサポートされています。このビデオが膵がん患者・家族を支援する皆様の一助になれば幸いです。




その3へ→

topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider