特定非営利活動法人パンキャンジャパン/すい臓がんアクションネットワーク/日本膵臓がん患者会/膵臓がん患者家族支援団体/PanCAN/Pancreatic Cancer Action Network Japan/PanCAN Japan

 


Image

Image

新患者・家族のための膵がん勉強会

膵臓がんと告知され、抗がん剤治療を始められた方を対象としたオリエンテーションクラスです。標準治療、抗がん剤の種類、副作用と対処方法、食事と栄養、代替療法など、皆様の質問に答えます。

月9日(火)  オリエンテーション

 詳しくはこちらをクリックしてください


Image

Image

がんペプチドワクチン療法

膵臓がんを克服するカギは研究です。パンキャンジャパンでは、新しい試みとして、研究所を訪問し、膵臓がんに関連する研究者の方々と直接対話する機会を設けていきます。第一回目は、がんペプチドワクチン療法の開発、臨床研究をすすめる東京大学医科学研究所 中村祐輔先生の研究室を訪問します。免疫療法は効かないといわれてきましたが、がんペプチドワクチン療法はどこが違うのか。研究者の長年にわたる「汗と涙」の結晶として見出された「がん特異的たんぱく」をもとに開発されたがんペプチドワクチン療法。そのがんペプチドワクチン療法について、また、膵癌の臨床試験にについてお話いただきます。「研究者と話す会」への参加費は無料です。申込は下記リンクをクリックしてください。

1月29日(金) 東大医科学研究所

 申込はこちらをクリックしてください。


Image   Image

 

  Imageパープルリボンキャラバン2009in東京第2弾

「膵がん治療の最前線」

 2009年8月1日新宿安田生命ホール

早期膵がんは治る - 膵がんの発現のメカニズム、早期診断、外科療法、

化学療法など、第40回日本膵臓学会総会から最新情報をお届けします

 

  詳しくはこちらをクリックしてください

 


Image

Image

 GIVE HOPE TO PATIENTS

患者さんに希望(ホープ)のプレゼント

 パープルリボンは膵がん撲滅を支援する運動のシンボルマークです。パープルはパワフルな色、希望の色。皆様の想いをこめたホープベア、ホープブレスレットをプレゼントしませんか。パープルリボンピンバッチをつけて、膵がん撲滅運動を応援しましょう。皆様のご支援が膵がん撲滅運動をすすめます。

 

詳しくはこちらをクリックしてください 


Image

Image

  膵がん治療の最前線: ASCO2009

乏血性膵癌の繊維性間質を標的とした

Gem+IPI-696併用療法(臨床試験)

 詳しくはこちらをクリックしてください


Image

Image

  AACRニュース: 

お酒と膵臓がん:メタ分析結果

飲酒量と発がんリスクに相関性あり

 詳しくはこちらをクリックしてください


Image   Image

 

  ImageVIDEO LEARNING SERIES

「膵がんと告知されたら」

新患者・家族向けビデオ版オリエンテーションクラスです。

膵臓と膵がんの症状、診断、病期分類、治療概要、

治療に備える、手術、放射線治療、化学療法、

副作用と対策、痛みの対策など10のトピックを解りやすく解説します。

  詳しくはこちらをクリックしてください

 


Image Image

 

 

 

  膵がんパープルリボンキャンペーン      

 PanCAN「膵がんに光をあてよう」

 詳しくはこちらをクリックしてください(英語)


Image Image

 

 

 

RANDY PAUSCH  「最後の授業」の著者、

研究助成の強化を訴える

詳しくはこちらをクリックしてください(対訳付)


Image   Image

 

 

 

STEVE JOBS  アップル社CEO

膵臓がん体験者として語る

詳しくはこちらをクリックしてください(対訳付)


Image Image

JPOP-VOICE: がんと向き合う

 

Image

「家族が膵がんと告知されて」

体験者・医療者・支援者からのメッセージ

 詳しくはこちらをクリックしてください


topmessagedonation001

Take Action

druglag-petition

Tell us your story

SliderNAD

膵臓がん National Advocacy Day

膵臓がんになった多くの方が、今、真摯に自分の治療に向き合っています。

 生存率を向上させ、治る病気にするためには、 

  あきらめず、これに力を与え、  

希望をつくり、良いアウトカムをもたらすことが必要です

治るがんにしていくために、多くの力が必要です。多くの関係者が生存率向上に立ち向かっています

今、あなたの力が必要です

膵臓がんをあきらめないために

あなたもこのアドボカシー活動に加わってください

previous arrow
next arrow
Slider